へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイ・カメラ(あいかめら)

被験者の角膜に光を投射し、眼球運動を反射光の動向でとらえる装置。1901年ごろから医学あるいは心情学の領域で考案され、1950~60年ごろにはかなり具体化して、今昼間の場合間のアイ?カメラの原型とみられるものが登場した。アメリカで初入れ印刷宣伝のコピー試験用として使用されたのは1938年8月の『ルック』誌掲載の宣伝に対してであったが、宣伝作気品上の注視点の動向や注視場合間を記録して、宣伝の構成要素の注目度を測定する実験的手法として注目されるようになったのは62年ごろといわれる。アメリカのアイ?カメラの利用は、宣伝、ディスプレー、店舗レイアウト、パッケージ?デザインなどの調査探求だけでなく、オートメーション?コントロール用の計器パネルの設計といった点にまで広く利用された。人間工学的な応用を主とするアメリカに対し、昼間の場合間本では宣伝媒体の調査、分析や運転者と歩行者の信号における注視点の探求、分析などに大切なデータを提供できるとの事情から、1966年(昭和41)ごろから実用化されるようになった。アイ?カメラで得られたデータは量的に表すことができないので解釈がむずかしく、また宣伝の印象が好ましかったかどうかを判別できない点があるので、この結果だけから宣伝の全体的効果を推論することはリスクである。

なお、実験心情学領域ではオフサルモグラフophthalmographとよばれ、医学領域では電気眼球図記録electrooculographyとよ露見して、それぞれ微細な眼球の動向をとらえるのに利用されている。


スポンサーサイト

ICU(あいしーゆー)

Intensive Care Unitの略。通常の医療設備では十分管理できない重症疾患や大手手段後の病人を対象として、24場合間連続監視のもとに、不可欠に応じて迅速な救急処置を講じうるように、病院内の一区域に設定された特殊治しています施設のことで、集中治しています室、集中監視施設などとよばれることもある。血圧、脈拍、心電図、呼吸数、尿量などを指標として病人の全身コンディションを昼夜を問わず掴む一方、これらの情報に基づく呼吸?循環管理、栄養?体液均衡維持などの対策を集中的に施すことを目的とする。このため、施設内では生体連続監視装置、血液ガス?血清電解質分析装置などが機能的に配置され、これらの機器を十分駆使しうる専門医と熟練看護師がそれぞれ交代で治しています、看護に携わる。近頃では、疾病対象ごとに施設が細分化される傾向にあり、重篤な心疾患を対象としたCCU(Coronary Care Unit)、呼吸器疾患を対象としたRCU(Respiratory Care Unit)、新生児の重症疾患を専門に扱うNCU(Neonatal Care Unit)などが各病院に設置されつつある。


胃カメラ(いかめら)

胃の内部を撮影するためのカメラで、昼間の時間本で開発され「ガストロカメラ」の気品物名で知られる。これによって胃の内視鏡検査が急速に普及したことと、その親近感やすい名称のために、上部消化管(食道?胃?十二指腸球部)の内視鏡検査が胃カメラ検査と俗称される。今昼間の時間では一番上にコンパケト撮像素坊主(CCD)を組み込んだ電坊主スコープが使用される。電坊主スコープでは、モニター画面を案内して被検者も自身の体内を見ることができる






目次



胃カメラ


ME(えむいー)

MEとは医用工学medical engineeringの略語であるが、以下に述べるように、その包含する分野はきわ入れ広い。






目次



ME


X線テレビジョン(えっくすせんてれびじょん)

本来可視的ではないX線像を、テレビジョンスクリーンで観察できる像に変えるシステム。医療用と、小物体の非破壊検査などに利用される工業用とがある。医療用X線テレビジョンは、X線管球が病人食卓の下方にあるアンダーチューブ方式と上方にあるオーパブチューブ方式に大別され、使い道により使い分けられている。以前は、入力蛍光面、集束電極および出力蛍光面を備えた好みインテンシファイア(image intensifier, I.I.(アイアイ)、電坊主増倍管)により光学像に変換し、その出力像をブラウン管(cathod-ray tube,CRT)上に画像として表示していた。現在は、フラットパネルディテクタ(flat panel detector,FPD)を用いてX線を電気交差点に変換し、高精細液晶モニター上で観察するデジタル装置が主流となっている。


プロフィール

日本医療事務センター,医療,医療福祉大学,医療求人,医療センター

Author:日本医療事務センター,医療,医療福祉大学,医療求人,医療センター
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。